第129回 還暦過ぎても限界を攻める。

まずは「運動」。京都市と琵琶湖付近の「山」はほとんど踏破しましたが、山歩きは時間がかかりすぎます。最近は近所の山のお寺の石段を登っています。参道の階段に至るまでの坂道も転げ落ちそうな厳しいもので、ゴールの「本堂」までを早足で登るには相当な負荷がかかります。

 足の筋肉は「休みたい」とダダをこね、肺は少しでも多くの空気を取り込もうと回転を上げます。「我慢してもう一段登る」を繰り返し、最上段の「本堂」に到達。休憩はしないでUターン。下りながら呼吸を整え余裕があれば走ります。

 山歩きとどちらがしんどいでしょうか。同じですね。限界まで負荷がかかるように追い込めれば、近所の石段も「伊吹山」も同じです。

 次は「料理」。晩ご飯のRTA(リアルタイムアタック)です。帰宅後着替えもしないでお肉をレンジで解凍、お米を洗い「早炊き」にセット、着替えている間にお肉の解凍が終了しますので下味をつけて放置。下茹でが必要な根菜などを剥いてお鍋に、火が通るまでの間に他の野菜を刻みます。下茹でした根菜と刻んだ野菜、下味のついたお肉で野菜炒めをつくります。下茹でしたお湯はそのまま味噌汁にして、使用器具を片付けながらフィニッシュに向けて調理。帰宅後30分で完了。お米の炊き上がりは35分ぐらいですね。

 煮物はもう少し時間がかかりますが、お鍋に入れてしまえば他の作業ができるので効率的です。

 料理は段取り八割でしょうか。

 次は「PCゲーム等」。主に「一狩りいこうぜ!」のヤツでハンターをしています。

 これの限界は「目」・「指の動き」ですね。モンスターの大きな攻撃を受けた場合には吹き飛ばされます。吹き飛ばされながらカメラ視点をモンスターに向けるのですが「目」が追いつきません。あきらかに動体視力が落ちています。また、脳が求めた動作を「指」が実行できていません。「コマンド」の誤入力が増えています。

 以前は「ライズ・サンブレイク」Switch版・PC版ともにクリア後「エンドコンテンツ」に突入し、どちらも400時間ほどのプレイ時間。今は「ワールド・アイスボーン」。こちらもクリア後「真のラスボス」に向けてプレイ中。

 何歳まで続けられるでしょうか。

 以上3点、最近限界を攻めている事柄。興味のある事を私なりに極めたいとは思いますが、時間が足りません。1日が27時間くらいになりませんかね。www

最近のブログ

  1. 第129回 還暦過ぎても限界を攻める。

  2. 第59話 ダンボールへのオリジナル印刷

  3. 第128回 シックスセンス

アーカイブ
TOP