リニア・鉄道館へ

先日仕事仲間と名古屋のリニア・鉄道館に行ってきました。

子どものころから夢に見ていたリニアモーターカー。
誰もが小さい頃に未来の形として必ず存在していたのではないでしょうか。
電磁力で走る高速列車。最高速度時速500kmです。

鉄道館の中には、「東海道新幹線50年の軌跡」や車両展示、運転シュミレーターなど、様々な展示がありました。
新幹線といえば、子ども時代はまさにかっこいい代表でしたよね。ちょっと親戚の家に行くときに乗ったときは友達に自慢したものです。

新幹線の歩みを見ていると、ちょうど私が生まれてからの軌跡に近いものがあったので、懐かしさとその時代背景を感じました。今はなき憧れの食堂車もありました。
目をキラキラさせながら電車を見る子どもたちを見ていると、夢が実現することを感じてほしいなと思いました。
(私も大概同じ気持ちでしたが・・・)

チューブの中を走る列車や、運転手がいなくても走る車や空中を走る車など、たくさんの夢が膨らんでいた頃から、少しずつ現実になってきました。昔の人が夢を描いて諦めなかったからこうして今実現していくのだと思います。
当初はそんな夢を語るのも恥ずかしかったかもしれません。
でもその言葉がなければ何も生まれていないとも思います。
例え今現在非現実的であっても、壮大な夢を持ち、それを語れる大人になりたいと思います。

最近のブログ

  1. 第54話 印刷物作成にあたって大事な工程、「製版」について

  2. 第124回 「いざ、愛宕山へ」

  3. 第53話 水に濡れても大丈夫な紙

アーカイブ
TOP