付加価値の変革

今回は企業努力の賜物として日々考え続けている事を書きたいと思います。

現在、全体的な不景気という事もありますが、それとは別に印刷業界は変革の時でもあります。いろいろな印刷業者が、あれか、これかと頭を悩ませながら、営業活動していると思います。

企業努力の中に、どうしたら自社価値を向上させる事ができるか。社会貢献のどこに価値を見出せるか・・・そんな事を常日頃考えるようになりました。価格競争、情報形態、通信発達、印刷媒体の変化など、この5年ぐらいで印刷業界もかなり状況が変わってきています。
便利だった事が当たり前になった時に、付加価値は崩壊します。というわけで常に新たな価値創造に向けて考え続けなければなりません。

最近よく思います。会社の価値を考える前に、自分の価値を考えてみようか。自分は何がしたいのか。自分は何が好きなのか。そして何を求められているのか。そんな事から発展させて、共有し、全体的な価値にしていければいいのかなと思います。
大きな構想は色々とありますが、とりあえず少しずつでも出来る事から実現していきたいと思います。

最近のブログ

  1. 第54話 印刷物作成にあたって大事な工程、「製版」について

  2. 第124回 「いざ、愛宕山へ」

  3. 第53話 水に濡れても大丈夫な紙

アーカイブ
TOP