第3話 石灰石から生まれた環境に優しい新素材LIMEX(ライメックス)

おはようございます!営業部のKです。「営業マンが語る!印刷物のちょっと深い~話」第3回を始めます。

3回目となる当コーナーですが、今回は「LIMEX(ライメックス)」についてお話させて貰います。LIMEXって何という人も多いかもしれませんが出来るだけ簡潔に紹介するのでお付き合いください。

LIMEX(ライメックス)とは

ライメックス

LIMEXは石灰石を主原料とし、石油由来樹脂の使用を抑えた、木と水を使わない新素材です。紙とプラスチックの代替品として作られました。木と水をほぼ使わないので自然資源の保護に繋がり、石油由来樹脂が素材の原料の半分以下なのでプラスチックよりも地球環境に優しいです。

LIMEXの特徴

1.耐水性

原料の大半が石なので耐水性が抜群です。屋外や周囲で水を使う場所など紙の印刷物を使用するのに適さない場所でも印刷をして使う事が出来ます。

2.丈夫

石で出来ているので丈夫です。紙とは違って少し力を入れただけでは破れません。破れにくいので屋外で移動しながら使う観光マップなどにも使われています。

3.半永久的なリサイクル

原料が石である事と、製造時に水をほぼ使わない事から、経年変化が非常に少なく半永久的にリサイクルする事が可能です。リサイクル面でも環境保護に優れた素材です。

LIMEXが使われている製品

LIMEXの事を知らなかったという人も多いかもしれませんが、実はLIMEXは既に色々な場所で使われています。

メニュー表

飲み物などが掛かると困ってしまうメニュー表もLIMEXで作れば濡れても大丈夫です。紙のメニュー表をパウチする手間も省けてメニュー表を作るのにぴったりです。

吉野家やいきなりステーキなど有名なチェーン店でもメニュー表で使われていて、僕が行った事のあるファミレスやラーメン屋さんでも使われているのを見かけた事があります。
普段気付かないだけであなたもLIMEX製品を使った事が有るかもしれません。

名刺

弊社で一番注文が多いのが名刺です。一般企業や弁護士事務所、各種団体など様々な方がLIMEXの名刺を使っています。弊社もLIMEX名刺を採用しているので僕も使っています。名刺交換の時にちょっとした話のネタになるので頼もしい相棒です。
LIMEXの名刺を使う事で環境意識の高さを周囲に伝えられ、CSR活動のアピールにもなります。

ポスター

屋外に長時間掲示するポスターにもLIMEXは使われています。水に強く丈夫なのでポスターとしてもLIMEXは威力を発揮します。

弊社でも選挙ポスター等に使えないかを検討するために、LIMEXのポスターを屋外の雨や日に当たる場所に設置して色落ちや耐久性をテストしたのですが、多少の色落ちは見られましたが十分使える程度でした。今後はそういった用途にも使っていきたいです。

他にも色々

LIMEXは他にも、買い物袋やクリアファイル、冊子、パークガイド、工事現場の掲示板、アパレル用のタグなど様々な用途で使われています。LIMEXは販売開始からまだ4年程(記事を執筆している2020年現在)なのですが、既に色々な場所で色々な使われ方をしています。

紙とプラスチックの代替品として地球環境や資源の保護になり、機能性でも紙とは違う使い方が出来るLIMEXは最近特に注目され始めていて、弊社でも何に使えるかを模索しています。

今回はLIMEXのお話にお付き合い頂き有難うございます。LIMEXについて少しでも分かって貰えたらとてもうれしいです!次回はまた別の営業マンがちょっと深い~話をするのでそちらもよければご覧ください。
それではさようならー

追伸

もしもLIMEXに興味が出た、使ってみたいという方がいらっしゃいましたら

LIMEX

こちらのURLのページも見てみてください。弊社の取り扱っているLIMEX製品の価格表や制作実績が載っているので参考にしていただき、ご相談いただければ幸いです。

最近のブログ

  1. 第101回 推しに生かされる毎日

  2. 第14話 プラスチックへの印刷

  3. 第13話 シール糊と素材の種類

TOP