第21話 オリジナルTシャツのプリントと印刷方法

どうも営業部のTです!「営業部マンが語る!印刷物のちょっと深い~話」第21回を始めていこうと思います。今回も最後まで読んでいただければ大変うれしく思います。

今回はですね、オリジナルTシャツプリントの話を少~ししていきたいと思います。オリジナルTシャツのプリント方法は、いろいろありますが、一部紹介させていただきます!

では、それぞれの特徴を説明していきます!

【シルクスクリーンプリント】

  • Tシャツプリントでは、もっとも定番な印刷方法で、シンプルなデザイン向けの方法です。
  • 1色ごとに版を作成して、生地に直接インクを刷り込む方法。
  • 蛍光カラーや金銀などのプリントも可能。
  • 繰り返し洗濯をしても剥がれにくく耐久性もありますし、注文枚数が多ければ多いほど1枚あたりのコストが安くなっていきます。
  • 逆に、注文枚数が少なかったり、複雑なデザインや色数が多いと不向きになります。
  • 基本的にどの生地でも対応できます。

【転写印刷】

素材に直接印刷するのではなく、あらかじめデザインや文字を転写用フィルムや転写紙に印刷し、熱や水などを使って印刷物に転写する方法

【熱転写】

  • 絵柄を印刷した専用のフィルムシートに熱と圧力をかけて商品に転写する方法。
  • シートはプリンターで印刷するので、フルカラー対応で、版も不要です。
  • 熱転写は、綿・ポリエステルどちらの生地も対応しています。

【昇華転写】

  • 熱によって転写される際にインクが気化(昇華)するので昇華転写。
  • インクジェットで転写紙に特殊インクを使用してプリントし、その転写紙をプリントする対象物に貼り合わせ、高い温度で加熱することにより、インクを定着させる。
  • シートを貼り付けないので、生地の風合いを損なわず柔らかな質感を保ちます。
  • 製版が不要なため、フルカラープリントがおすすめです!
  • ポリエステル100%の生地にしか対応していないのが欠点です。(他の生地だと、インクの定着が悪く、発色も落ちます)
  • プリントできる生地は白色のみです。

【インクジェットプリント】

  • インクを生地に直接噴きつけてプリントする方法。
  • 製版が不要なため、色数が増えても価格は同じになりますので、フルカラープリントがおすすめです!
  • インクジェットプリントの特徴は、1枚だけ作成しても低コストで作成できる!
  • 欠点としては、ポリエステルの割合が高い生地にはプリントできません。

以上で、簡単ですけどTシャツプリントの説明になります。Tシャツ以外にも、トレーナー・ポロシャツ・パーカーなども可能です(^-^)
当社でも様々な素材への印刷を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

それではこのへんで!次回!!〇〇〇〇営業マンの最高で〇〇な話です!!!!
ではまたの更新をお楽しみください(^_^)/

最近のブログ

  1. 第23話 印刷物に輝きを 高級感のある箔押し加工

  2. 第22話 できることからコツコツと…バイオマスインキ

  3. 第108回 少年時代

TOP